© 2018 ぷんギターズ All Rights Reserved

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

Fender Telecaster (1954)

高校生以来、ほぼ30年ぶりに購入したエレキギター。アコースティックギターでのプレイをきっかけにすっかり大好きになってしまったジュリアン・ラージのテレキャスタートーンに衝撃を受け、我慢できずに2017年夏に購入したオリジナルブラックガードテレキャスター。ジュリアンの愛器と同じ1954年製である。

リフレット、ナット交換、ピックアップ配線がいわゆるカレント配線に変更されている以外は、すべてオリジナル。この1954年頃の塗装は、それ以前に比べて、経年変化で黄色くならないという傾向があるようだが、まさにこの個体はとても美しいシースルーブロンドを維持している。

まるでマホガニーのアコースティックギターのようなサクサク感があり、ミッドが強調された芯があって粒立ちのはっきりしたサウンドは、はっきり言って、めっちゃ手強い。弾き手の腕がそのまま音になってしまう、ごまかしの効かないギターではあるが、逆にこれほどアコースティックなエア感のあるソリッドギターは他にないのではないかと思えるほどの、まさしく絶品サウンドである。

​→このギターの詳しい購入経緯はこちら

Model

Fender Telecaster

Wood

Ash Body
Maple Neck

Birth

1954