© 2018 ぷんギターズ All Rights Reserved

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

Martin 000-18 (1941)

1941年製のこちらは、アディロンダックトップ、T-Barロッド、スキャロップド・ブレーシング、そしてリアシフテッド・ブレーシングという、1939年頃~1941年頃のごく僅かな期間に製作されたスペックを持つMartin 000-18。

枯れているけれども、枯れきっていない。独特のクリスピー感がありながら、不思議なくらいジューシーというこの体験が、後々『しっとりサクサク、クリスピーチョコレートサウンド』という名キャッチフレーズを生んだ。ちなみに指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。

​→このギターの詳しい購入はこちら

※下の動画は実際のこちらの個体です

Model

Martin
000-18

Wood

Adirondack Spruce & Honduran Mahogany

Birth

1941