© 2018 ぷんギターズ All Rights Reserved

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

Waterloo WL-12

僕のはじめてのWaterloo。ハイエンドギターブランドCollingsのサブブランドのWaterloo、その極薄ラッカーサテンフィニッシュによるヴィンテージライクなサウンドに惚れ込んだジュリアン・ラージが、彼のシグネチャーモデルCollings OM-1JLの開発にあたってこの塗装にこだわったという逸話。実際にWaterlooを手を取れば、その意味がすぐにわかるはずだ。

とにかく軽い。新品の段階から既に素晴らしいヴィンテージサウンドを放つが、かといって、チープな軽いシャリシャリしたような類の音ではない。むしろCollings独特のエネルギー伝達効率の高さを感じさせる濃厚なサウンドに、ヴィンテージテイストを足して2で割ったような圧倒的なサウンドである。正直びっくりした。そして購入して3ヵ月経った今、更にその凄みを増しているという事実。

サンバーストフィニッシュや、ブラックフィニッシュなど、コンサバティブなアコースティックギターとは異なるビジュアルもあってか、見た目の段階で興味の対象から外れてしまう方も多いのではないかと思うが、一度ぜひ弾いてみてほしい。故ビル・コリングスのギターへの熱い想いが貴方にもきっと伝わるはず。

​→このギターの詳しい購入経緯はこちら

Model

Waterloo WL-12

Wood

Spruce

Maple

Birth

2018